HOME>注目記事>マンション売却を行う際に必要な事前準備とは?

マンションを売却する前に準備をしよう

マンション売却が決まれば、場合によってはすぐにでも出ていく必要があります。そのため、必要な準備は事前に済ませておきましょう。

マンション売却の前に準備すべきこと

不動産業者に依頼する

個人での売却は難しいので、不動産業者に依頼しましょう。

不動産業者と媒介契約を締結する

依頼する不動産業者が決まったら、一般・専任・専属専任のいずれかの媒介契約を結びます。

売却に必要な書類を揃える

準備に時間を要する、印鑑証明や住民票といった書類を揃えておきましょう。

市場価値を調べておく

マンションがどの程度で売れるのか、事前に相場を調べておきましょう。

内覧に備えて掃除をする

内覧に備えて、少しでも部屋がきれいに見えるよう掃除をしましょう。

期限があるかどうか

マンション

マンション売却をするときに大事なことは、いつまでに売却したいかを決めることです。期限を定めることで、逆算してスケジュールを組むことができます。多くの場合、新しい物件の購入が決まっているなどの理由があることがほとんどなので、期限付きの売却が多くなります。

価格と期限のバランス

男女

マンション売却までの期限が長ければ長いほど、売り手にとって有利になります。それは、損失が出ないように価格設定をしておき、あとは待っておけば良いからです。しかしながら、期限があれば、そこまでに売らなければならない訳ですから、思うような売却活動ができない場合には値下げをしなければなりません。ただ、値下げといってもいきなり大きく下げるのではなく、徐々に下げていく必要があります。もちろん、下げるにも限度があるのでそれを決めておく必要があります。

不動産業者との打ち合わせ

マンション

マンション売却では不動産業者に依頼することになります。不動産業者にマンション売却の仲介手数料などを支払うことで物件の宣伝をお願いしています。現在ではインターネットが中心となっており、設定した価格でどのくらいのアクセスがあるかなどの情報を知ることができます。それらの情報から価格設定などを決めていくことになります。価格の変更は不動産業者に依頼すれば良いことですが、一度下げると上げることは難しいので慎重に行う必要があります。

広告募集中